中国で三現主義がたいせつなワケ

January 14, 2016

 

 

ものづくりの現場で「三現主義」はとても重要です。

 

三現主義とは「思い込みや勘違いを排除して、現場、現物、現実だけをもとに対処していく」という考え方です。

 

もともと、日本の製造現場で広まった考え方ですが、中国でのOEM/ODM製造でも重要な考え方です。

 

中国人の仕事は、日本人と違い、かなり大雑把なので、いたるところにミスやトラブルが発生します。

 

さらに、勘違いや思い込みの間違った情報を客に伝えてくるので、言われるままを信じていると、大混乱や大失敗に見舞われます。

 

なにが本当で、なにが正しいのかを確認するために、やはり「現場」に行って、「現物」を見て、「現実」を知ることが必要になります。

 

中国メーカーに不具合の分析を依頼しても「再現しない」「問題ない」「直せない」などの回答が返ってきます。

 

しかし実際に現場に行くと、そもそも何も確認していない、ということはよくある話です。

 

なにも確認せずにいい加減な返事をするのは中国メーカーの常套手段。

 

中国製造では、ぜひ「三現主義」を忘れないようにしましょう。

Please reload

Twitterでも情報提供中!
カテゴリ
人気記事

製品開発スケジュール【製品開発プロセス④】

March 13, 2016

1/3
Please reload