修理場の状況【工場監査のポイント⑩】

November 17, 2015

 

​修理場の修理担当者が多かったり、修理品が山積みになっている工場は、当然ながら不良品が多いということなので、要注意です。

 

生産現場での不良率を一概に言うのは難しいですが、3%前後であれば平均的、5%以上であれば多いと考えていいでしょう。

 

生産ラインでの日産数量と、修理担当者の1日の平均修理台数がわかれば、おおよその不良率が計算できます。

 

このとき、工場側から生産ラインの不良率データが提供されても絶対に信じてはいけません

 

製造現場の管理者は、自分が管理している現場の不良率が高ければ、自身の査定に響きますし、メンツも立ちません。当然、都合の悪い不良データを削除した過少申告の資料になります。

 

ですので、資料は信じず、現場の現実だけを信じるようにしましょう

 

自らの眼で、修理場の状況を確認することが大切です。

 

 

-「工場監査のポイント⑪」につづく-

 

 

 

タグ:

Please reload

Twitterでも情報提供中!
カテゴリ
人気記事

製品開発スケジュール【製品開発プロセス④】

March 13, 2016

1/3
Please reload

最近の記事
Please reload