日本で検品!は遅すぎます

May 9, 2017

 

「不安があるので日本の倉庫で全数検品します!」

 

中国取引を始めたばかりの人に多い日本到着後の検品。

 

検品するのは自由ですが、検品で見つかった不良品をどうするつもりでしょうか?

 

「もちろん中国メーカーに返す!」

 

と考えている人は、考えを改める必要があります。

 

日本の検品で見つかった不良品など、中国メーカーが受け入れるはずがありません。

 

中国取引では発注時に30%程度の手付金を払い、工場出荷前に残りすべての支払いを済ませる必要があります。

 

つまり、中国メーカーから言わせれば「商品に納得したからお金を払ったんでしょう?」という感じです。「あなたが商品に納得したから我々は出荷したんだ」という考えです。

 

『残金支払い』と『製品出荷』を等価交換した時点で取引成立、そして終了です。

 

日本到着後に難癖をつけるのは、ただの言いがかりでヤクザがやること、というのが中国側の考えだということを理解しておきましょう。

 

日本で検品するのは自由ですが、その後どうするのかをしっかり考えておきましょう。

 

中国取引は『工場出荷(残金支払い)』までが勝負です。品質を担保したければ工場出荷までに対応しなければいけません。

 

 

 

 

 

Please reload

Twitterでも情報提供中!
カテゴリ
人気記事

製品開発スケジュール【製品開発プロセス④】

March 13, 2016

1/3
Please reload

最近の記事
Please reload