日本が勝てない脅威の開発スパン

December 22, 2015

 

​中国メーカーの驚異的な開発期間の短さは、深セン特有のサプライチェーン中国人独特のビジネスセンスが関係しています。

 

日本の企業が1年以上かかるような製品を、彼らは三ヶ月程度で市場投入します。

 

これは徹底した分業体制を構築している深センだからこそ可能になる開発スパンです。

 

簡単に説明すると

 

1. 新しいコントロールチップが発表される
2. ソリューション会社が一ヶ月程度で基板開発(共用基板)を行う
3. 金型屋が一ヶ月半程度で基板形状に合わせた金型(共用金型)を起こす(2と同時進行)
4. 組立工場が一ヵ月半で部品を調達、組立てる

5. 販売会社が一気に市場投入

 

このスパンがおよそ三ヶ月。

驚異的な開発スピードです。

 

しかし、このようなスピード重視の製品開発を行っていれば、しっかりとした製品評価を行っている時間もありません

 

結果的に信頼性や品質を軽視した製品がどんどん出来上がっていきます。

 

しかし、商売人の中国人はそれでも市場に投入します。そして、利益と同時に市場からのフィードバックを受取り、次の生産ロットに向けて改善していく、これが中国流です。

 

 

タグ:

Please reload

Twitterでも情報提供中!
カテゴリ
人気記事

製品開発スケジュール【製品開発プロセス④】

March 13, 2016

1/3
Please reload

最近の記事
Please reload