誰が検品する?【中国検品のポイント①】



中国検品を行う方法はいくつかあります。

  1. 中国に行って自分で検品する。

  2. 現地パートナーに依頼する。

  3. 第三者検品会社に委託する。


1.中国に行って自分で検品する。

商品を仕入れる本人が納得できる品質かどうかを現地に行って自分の眼で確認する。これが最も良い方法であることは間違いありません。しかしながら、出荷のたびにわざわざ中国出張するのもコストと時間がかかりますし、検品日のタイミングに合わせてちょうど良く渡航できるとも限りません。現地に行けない場合は他の選択が必要になります。


2. 現地パートナーに依頼する。

中国輸入のビジネスをされている方であれば、現地の中国人パートナーがいる方も多いでしょう。工場とのやりとりや発送手配、翻訳など、仕入れビジネス全体でパートナーさんのお世話になっているはずなので、検品も依頼するのは自然な流れかと思います。しかし注意も必要です。日本語が話せる中国人パートナーの場合はどうしても製造や技術知識などが乏しい場合があり、まして集中力を必要とする検品作業に慣れているとは限りません。また、立場上も「出荷した方が得」な立場にあるため、わざわざ問題を見つけて日本側に連絡するメリットがありません。このような問題を解決するためには、やはり客観的な立場で商品を検品できる専門の人に委託する必要があります。


3. 第三者検品会社に委託する。

中国現地には様々な検品会社があり、そのような客観的な立場の人に検品してもらうのは有効な手段です。価格もピンキリで中国全土、またはアジアまで派遣可能な検品会社も存在します(アジアの現地スタッフに委託)。しかし、この第三者検品会社にもいくつか落とし穴があり注意が必要です。詳しい内容は次回に…


フォロワー数6000人超!!
​中国ものづくり情報を発信
カテゴリ
人気記事
最近の記事

品質管理サービス

デジタル販促品

会社情報

Copyright © 2012 by JAINAL SERVICE LTD.,    All right reserved