【iPhoneXシリーズ】再生作業

【iPhone8以下】再生作業

【作業①】 ベゼルフレーム&フロントガラス剥がし

​(作業時間:約5分)

【00:00】 ベゼルフレームを剥がす

【02:18】 フレーム剥がし機の場合

【03:52】 フロントガラスを剥がす

作業のコツ

・フレームを剥がすときは液晶パネルに力を加えない

・分離ワイヤーはしっかりガラスに押し付けて浮かせない

【SP-03】手動液晶分離装置

ヒーター内蔵の小型手動液晶分離装置です。

パネルを加熱して接着剤が軟らかくなったところで、液晶を剥がします。

サイズ:320 x 180 x 128[mm]

重量:約3kg

【作業➁】 OCA&偏光板 剥がし

​(作業時間:約3分+5分拭き取り)

【00:00】 OCAと偏光板を剥がす

【02:35】 偏光板の接着剤を拭き取る

【04:12】 (その他)セッティング

【05:33】 (その他)刃の取り付け

作業のコツ

・刃で液晶を強く押さえつけない

・刃を交換するときは水平に固定、軽く固定する程度で(刃に柔軟性をもたせる)

【RM-02】OCA&偏光板剥がし機

ヒーターで偏光板を加熱しながら剥がします。

絶妙な刃の角度と、上下と前後の同時操作でスムーズな作業が可能です。

サイズ:320 x 470 x 240[mm]

重量:約4.5kg

【作業③】 偏光板 貼り付け

​(作業時間:約3分)

【00:00】 偏光板貼り付け(液晶側)

【02:18】導電ペーストを塗る

【04:14】(その他)セッティング

作業のコツ

・慣れるまでは偏向板貼り付け後にいちど気泡抜きをしてホコリ混入確認

・加湿器の水蒸気が貼り付け面に当たらないように注意(気泡が残る)

・6s以降の偏光板の貼り付けはゆっくり丁寧に行う(液晶裏に金属板があり少し不安定なため)。

【LA-01】手動OCA&偏光板貼り付け装置

金型不要のOCA&偏光板貼り付け装置です。

偏光板を吸引しながら、回転ローラーで貼り付けます。

​クリーンルームでの作業をオススメします。

サイズ:44 x 20 x 185[mm]

重量:約7.5kg

【作業④】 フロントガラス 貼り付け

​(作業時間:約3分+10分待機)

【00:00】 フロントガラス貼り付け

【05:16】(その他)セッティング

【05:58】(その他)緊急停止

【06:54】(その他)水排出

作業のコツ

・パネルはプレス機の中心まで入れる

・OCAは30度以上で凝固するので、ガラスごと冷所に保管(使用時は常温に戻してから)

・プレス後に大きな気泡が残る場合は、液晶分離装置でOCAを温めてから気泡抜きすると空気が抜けやすい

【DB-02】フロントガラス貼り付け装置

フロントガラス貼り付け用の真空プレスと圧力気泡抜き一体型の装置です。

気泡抜きは一度に10枚以上の作業が可能です。

​液晶とガラスの金型張り合わせはクリーンルームでの作業をオススメします。

サイズ:535 x 425 x 355[mm]

重量:約56.5kg

【その他】フレーム剥がし機

【その他】液晶パネルテスター

1. パネルのコネクタを接続

2. テスターの電源を入れる

3. タッチパネルのOK/NGの自動判定

(手動確認のモデルもあり)

4. ドット不良や色不良の確認画面

純正パネル専用のテスターです。

​コピーパネルを接続した場合は表示されません(一部のモデルを除く)。

​1時間程度で組立完成します。

 

フィルターや空調ファンを取り付けるときは複数人で作業してください。

 

空調ファンは220V専用です、付属の変圧器(100V→220V)をご利用ください。

【その他】簡易クリーンルーム組立方法

​小さいシート(135 x 260 cm)を上部と前面にテープなどで固定してください。

大きいシート(135  x 500 cm)を135  x 175cm x 2枚 に切って両側に固定してください。

残りの135 x 150 cm を背面に固定してください。

シートが上記より長い場合は適度に切断してください。

品質管理サービス

ブログ

デジタル販促品

会社情報

Copyright © 2012 by JAINAL SERVICE LTD.,    All right reserved