スマホと連携するハードウェアはアプリが必要です。

ハードウェアの開発委託を中国に出したとしても、アプリだけは日本でつくるようにしましょう。

理由は2つ

ひとつは開発費の問題。

中国のアプリエンジニアの人件費は非常に高く、日本のアプリエンジニアと同じかそれ以上です。

そのため、アプリの開発費が非常に高く、日本でつくった方が安くなる場合が多いです。

もうひとつはデザイン感覚の違い。

中国人と日本人のデザイン感覚には大きな差があります。日本人が感じるUIの美しさやデザイン感覚を中国人に実現させようとすることはかなり難しく、時間と費用ばかりがかかってしまいます。日本で作った方が、早くかつ完成度の高いアプリができます。

一番よい仕事の割り振りは、中国側には基本的な動作のアプリを設計してもらい、デザインUIなどの仕上げ作業だけ日本側が引き継いで完成させるパターンが一番トラブルが少なくてオススメです。


設計を中国に委託した場合は部品選定も任せましょう。

中途半端に日本側から部品指定をしたりすると、ロクなことになりません。

中国は偽物の部品や品質の悪い部品が多いため、基板設計の会社は信頼できる部品の入手ルートを構築しています。

設計を任せるならば、彼らが入手しやすい部品を彼らに決めてもらう方が安全なのです。

中途半端に日本側から部品指定をすると、中国で入手が困難な海外製部品であったり、偽物であったりする場合があるのです。

「日本で部品を準備して中国に送ればいいのでは?」と思うかもしれませんが、中国に電子部品を大量に発送するのは容易ではありません。

また、あなたが部品を指定することで、品質トラブルや納期遅延が起こったりすれば中国側はあなたに責任をおしつけてくるでしょう。

このような無駄なトラブルを避けるためにも、中国に設計を任せた場合は、中国側に責任をもって部品選定も任せましょう。


要求仕様を説明するのにベストな方法はプロトタイプサンプルを渡すことです。

できれば動作するワーキングサンプルがいいですが、おおまかな仕様がわかる外観サンプルでもいいでしょう。

中国人は仕様書のような文章から実物を作り出すのは苦手ですが、コピーは得意です。

理想に近いサンプルを事前に渡すことで、余計なトラブルを回避することができるはずです。

メールやチャットなどの文章だけで伝えようとすると、間違いなくトラブルになります。

また、サンプルは直接会って渡しましょう。

そしてサンプルを渡すときに、設計してほしい製品の仕様などを細かくしっかりと伝えましょう。

話し合いの席には、営業担当だけでなく、設計担当のエンジニアも同席してもらうように依頼しましょう。

設計依頼先が商社や貿易会社の場合でも、できるだけ外注の設計会社のエンジニアに同席してもらい、いろいろな意見を聞きながら、方向性を決めていくのがいいかと思います。

フォロワー数7000人超!!
​中国ものづくり情報を発信
カテゴリ
人気記事
最近の記事
タグ

    品質管理サービス

    デジタル販促品

    会社情報

    Copyright © 2012 by JAINAL SERVICE LTD.,    All right reserved