May 9, 2017

「不安があるので日本の倉庫で全数検品します!」

中国取引を始めたばかりの人に多い日本到着後の検品。

検品するのは自由ですが、検品で見つかった不良品をどうするつもりでしょうか?

「もちろん中国メーカーに返す!」

と考えている人は、考えを改める必要があります。

日本の検品で見つかった不良品など、中国メーカーが受け入れるはずがありません。

中国取...

February 9, 2016

 

いまの中国メーカーは日本市場に興味がありません。

 

中国市場の1/10程度なのに品質にうるさく、利益につながりにくいためです。最近は日本からの受注を受けない中国メーカーも少なくありません。

 

中国では、顧客との間に上下関係がありません。あくまで、商品とお金を等価交換しているだけです。

 

日本のようにカネを払う立場の人が偉いということ...

February 8, 2016

 

「なぜ、日本人の仕事はあんなに遅いんだ?」と中国人によく言われます。

 

サンプルを渡しても数ヶ月も返事がなかったり、細かい質問のやりとりが長々と続いたり、スピード重視の中国人には理解ができないようです。

 

多くの日本企業では、時間をかけてサンプル評価をしたり、社内承認や調整で半年以上かかることは珍しくありません。

 

しかし、製品ライ...

January 24, 2016

 

中国に初めて生産委託をするときに、守秘義務や情報流出を必要以上に心配する人がいます。

 

心配しなくても大丈夫。

 

情報は流出しますし、守秘義務は守られません。

 

複雑な分業体制が構築されている深センでは毎日のように様々な情報が飛び交っています。もちろんあなたのプロジェクトの情報も「流出」させないとプロジェクトは進みません。

 

「パクら...

January 21, 2016

中国製造はトラブルの連続ですが、そのトラブルが解決できないと、最悪の場合はプロジェクトが中止して大失敗に終わる場合があります。

 

そんな中国製造で失敗する人には共通点があります。

 

1. 生産現場の現実を知らない

試作設計と量産設計の違いを理解ないまま、むりやり量産に突入したり、大量生産のプロセスにおいて、何が簡単で、何が難しいのかわ...

January 19, 2016

中国語で「問題ない」は「メイウェンティー(没問題)」といいます。

 

この単語は中国出張でよく耳にするかと思います。エンジニアと技術的な話をしているときなど、よくこの返事が返ってきます。

 

しかし、このメイウェンティーは問題ありです。

 

中国人は自分の仕事に関して「わからない」「しらない」とは言わないので、代わりに「メイウェンティー(問...

January 14, 2016

 

 

ものづくりの現場で「三現主義」はとても重要です。

 

三現主義とは「思い込みや勘違いを排除して、現場、現物、現実だけをもとに対処していく」という考え方です。

 

もともと、日本の製造現場で広まった考え方ですが、中国でのOEM/ODM製造でも重要な考え方です。

 

中国人の仕事は、日本人と違い、かなり大雑把なので、いたるところにミスやトラ...

January 12, 2016

 

 

中国人のエンジニアと会話をしていても、技術的な質問に対する回答がとてもいい加減です。

 

回答の8割は根拠がないテキトーなものと考えておいたほうがいいでしょう。

 

他人の仕事に関しては「知らない」「わからない」と平気で言いますが、自分の責任範囲になると、ウソや思いつきでなんとしてでも答えようとします

 

なぜ、中国人はこんなにもテキ...

January 8, 2016

​中国のOEM製造では、サンプルと量産品の動作が違う場合がよくあります。とくに多いのがファームウェア(ソフトウェア)の仕様違いで、出荷直前に説明書の修正が必要になることはめずらしくありません。

 

なぜこんなことが起こるのでしょうか?

 

「量産までにファームウェアのアップデートがあった」ということもありますが、多くの原因はもっと残念...

Please reload

フォロワー数6000人超!!
​中国ものづくり情報を発信
カテゴリ
人気記事

製品開発スケジュール【製品開発プロセス④】

March 13, 2016

1/3
Please reload